セミトッピング形状の創成

448 views

 

セミトッピングは歯車の歯形加工時に同時に歯先の面取加工を行なう手法です。
これにより歯車外周のバリ除去や歯先の打痕、傷の防止を図ります。

JIS(B4350:2002)にはセミトッピング歯形に関して、面取形状を円弧に近似した計算方法が紹介されていますが、実際の面取部分はインボリュート曲線より創成されるため、ここでは厳密解となる計算手順について簡単に解説します。