Fusion360研究室

724 views

 

 3DCAD Fusion360とPythonスクリプトを組み合せたモデリング技法については、ネット上でも多くの解説記事が公開されていますが、このコラムではできるだけ実用的な活用方法を紹介しています。
 形を作るだけのモデリング技法とは別に、作った後の形状をその後の設計検討に生かすようなモデルの作り方やスクリプトの利用の仕方というものがあります。
 筆者自身、長年CreoやNXというハイエンドCADシステムで、同様な設計検討用テンプレートの開発に携わってきましたので、Fusion360でできるところまで検討してみました。

 

<参考>
 下記URLは、歯車の諸元検討からFusion360での3Dモデル作成までを行なえるツールを開発しているサイトです。
 歯形形状は歯元まで含め理論曲線に則ったもので、Fusion360に付属しているギア作成スクリプトと比べ非常に精度の良い歯形を生成します。

 歯車の設計とモデリングツール (involuteGearSoft)

 

 


<Python連携>
ユーザパラメータの取得と設定
入力フォームの作成
プログレスバーの作成

 

 

 

 

   

 


<歯車>
歯形曲線の作成
遊星歯車機構