ユニバーサルカム曲線

5,491

 

 多くの標準カム曲線が、三角関数系の曲線の組合せで表現できることに着目し、汎用的な計算式を元に、多種多様なカム曲線を作成可能にしたユニバーサルカム曲線(牧野洋「ユニバーサルカム曲線とその応用」)の基本的な考え方について説明しています。

 

 

 記事の最後に、約30種類のカム曲線を作成できるExcelファイルを添付しています。
 この計算シートでは、上記論文で触れられている、切削ユニット送り用カム曲線の生成も可能です(本記事の最後のページに、このカム曲線用のパラメータ(T4)を算出するための計算フローチャートを掲載してあります)。

 右図は、9区間の中に切削送りカーブ(分割1+分割2)を含めた、カム曲線のサンプルです。

 

 

★この記事に関連した動画をYouTubeで公開しています。
 OPEOミニセミナー 「カム曲線の性質を知ろう」

 

<参考文献>
・牧野洋 (1977)「ユニバーサルカム曲線とその応用」,山梨大学工学部研究報告28巻P48-58,山梨大学工学部

 


 

 

 


ユニバーサルカム曲線ツール

 ユニバーサルカム曲線の式を使って、様々なカム曲線を生成するExcelのツールです。

 以下のカム仕様に基づいたカムの特性曲線の描画と、座標データ出力を行います。
  カム形式:板カム、円筒カム、直動カム
  従節形式:揺動、直動

 カム特性には、近似計算による圧力角も含まれます(revE以降)。

 ユニバーサルカム曲線(#99)は、時間定数を任意に設定することが可能です(revF以降)。
 なおrevG以降では、カムプロファイルをフォロアローラ半径分だけオフセットした形状で出力するよう、仕様変更しました。

 マクロソースにはロックをかけていますが、中身を確認したい方はお問合せ下さい。

 

 


2024.4.21 更新 (revF1→revG)


 

ユニバーサルカム曲線ツール 簡易マニュアル

2023.6.29 公開 (revA)

DL解除コード:a401