かみ合い率

 

かみ合い率の定義は少し分かり難いですが、一言で表すと歯車対において同時にかみ合っている歯の数になります。
1以上の値をとりますが、この値が大きいほどかみ合いが滑らかとなり、ノイズ低減や歯形寿命の点で有利となります。

一般に1.2以上が望ましいとされています。