遊星歯車機構

50 views

 

遊星歯車のモデリングサンプルです。

遊星歯車を構成する歯車は太陽と遊星の平歯車と内歯歯車の3種類です。
これらの歯車の歯数については遊星歯車機構が成立するための3つの条件を満足する必要があります。

内歯車を固定し太陽歯車を回転させると、キャリアで連結された遊星歯車は太陽歯車と内歯歯車の両方にかみ合いながら自転すると同時に太陽歯車を中心に公転します。
この方式はプラネタリ型と呼ばれ、遊星歯車による減速機構の代表的な方式となります。

Fusion360でこの遊星歯車機構をモデル化する場合に気を付けなければならないのは、モーションリンク設定です。
上述したように遊星歯車が自転しながら太陽歯車の回りを公転する、という状態を踏まえて回転数設定を行ないます。

 

<参考URL>

KHK(小原歯車工業)技術資料
【楽しい機構設計】Fusion360で遊星ギヤを作る

 

 


【参考動画】