グラフの目盛設定

38

 

 Excelのグラフの縦軸と横軸のスケールは、デフォルトで自動設定されます。
 この自動設定のアルゴリズムが比較的よくできているため、通常はそのままでも構いませんが、パラメータの異なる複数のグラフを比較するような場合に、それらのグラフのスケールを合わせたいことはよくあります。

 例えば、右上のように2つのグラフを比較したいときに、スケールを合わせておけば右下のように変化の様子がわかりやすいです。

 スケール変更については、グラフの軸の書式設定から手動で最大・最小値や目盛単位を変更できますが、この操作を関数化することで効率よく目盛設定が行えます。

 本記事では、そのマクロプログラムを紹介します。

<自動設定>

 

<手動設定>

 

 


グラフの目盛設定マクロ

 上記紹介のマクロの、ソースファイル(.bas)です。
 Excelのマクロファイル(.xlsm)にインポートして使用して下さい。

 書式:SetGraphAxes(“グラフ名”, x最小値, x最大値, x目盛間隔, y最小値, x最大値, y目盛間隔)

 使い方:任意のセルで、
     =SetGraphAxes(“Graph1”, -6, 6, 1, -25, 15, 5)
    と式を記述すると、指定したグラフのスケールが変更され、完了すると(Scaled)と表示されます。
    指定したグラフが見つからない場合は(Not found)を返します(revB以降)。

 なお、この関数をワークシートのworksheet_changeから呼び出せば、セルの変更に追従してグラフを更新できます。
 具体例は、3次方程式4次方程式の解法のExcelファイルを参照して下さい。

 


2024.6.10 更新 (revA→revB)

DL解除コード:a705