OPEOのホームページへようこそ

2024/7/22      139,271

 

機械設計技術を中心とした
技術コンサルティング、設計者教育
を手掛けます。
設計者の
リスキリング、リカレント教育
のお手伝いができます。

幾何公差公差分析機械工学関連技術の基礎から応用までの解説
技術計算のノウハウ、勘所を分かり易く解説
資格試験受験対策用の参考資料

機械設計、幾何公差設計法、公差分析、品質設計、構造解析等
・各種設計検討手法に関するコンサルティング

図面添削および検図指導

GD&T(公差分析と幾何公差設計法)による図面作成手法講座
資格試験対策講座(技術士、機械設計技術者、計算力学技術者他)

・事例を交え、重点項目に的を絞った、即戦力が身に付く人材育成教育/リスキリング指導
・難解な技術計算、理論の平易かつ的確な解説

お知らせ

【技術セミナー開催のご案内】

① 幾何公差 対面式セミナー

タイトル:『設計意図を明確に伝える「幾何公差設計法」の基礎と図面品質向上への応用』
-形体定義のあいまいさを残さない表記法、幾何公差の基本ルール、ばらつきの定量化、統計手法を用いた品質予測への展開-
日時:8/5(月) 10:30~17:30 (12:00~13:00昼食休憩)
場所:日本テクノセンター研修室
主催:(株)日本テクノセンター
詳細はこちらまで

 

② 幾何公差 Webセミナー

タイトル:1ランク上の品質・コストを実現する、幾何公差の逆転活用法
日時および内容:
 ■第1回コスト編:7/11(木) 終了
 ■第2回設計意図編:7/18(木) 終了
 ■第3回基準編:7/25(木)
 ■第4回規則編:8/7(水)

開催時間:上記いずれも、17:00~18:00
主催:株式会社カブク
参加費用:無料
※本セミナーは、2022年に配信開催したセミナーと同じものです。
※受講には、事前に(株)カブクのサイトにてウェビナー登録が必要です。
 上記リンク内の「無料セミナーに申し込む」から登録して下さい。

 

YouTube動画配信中

 オンラインミニセミナーの動画を公開しています。

 【最新公開版】
 Excelミニテクニック(その7) (テオヤンセン機構Excelの紹介)
 テオヤンセン機構(移動歩行メカニズム)をシミュレーションするExcelファイルについて簡単に紹介しています。

 


 直近のシリーズでは、機械設計技術者試験の過去問からいくつか選んで解説しています。
 この動画では、試験問題の解答手順だけでなく、解法に必要な予備知識や応用的な情報の解説も入っていますので、是非ご覧になってみて下さい。

 機械設計技術者試験 問題解説
 #1 材料力学(リベット継手) (平成28年度3級)
 #2 制御工学(一次遅れ系) (令和5年度3級)
 #3 熱工学(円筒の熱伝導) (令和5年度3級)
 #4 機械力学(移動体の力のつり合い) (令和5年度3級)
 #5 機械要素(ねじ) (令和5年度3級)
 #6 流体工学(水槽) (令和2年度1級)
 #7 工業材料(平衡状態図) (令和3年度3級)
 #8 熱工学2(ボイルの法則と状態方程式) (令和4年度3級)
 #9 制御工学2(過渡応答) (令和4年度3級)
 #10 機械力学2(はりの振動) (令和4年度2級)
 #11 機械力学3(トラス構造) (令和3年度2級)
 #12 材料力学2(単純支持はり) (令和3年度3級)
 #13 機械要素2(ベルト伝動) (令和3年度1級)


 

 ■次回のミニセミナーは ’24/8 に収録予定です

 



【更新情報】

・機械設計一般-応用計算の、断面特性 にExcelファイルを追加しました(7/16)。
 (JIS形鋼(G3466,G3192)の断面特性の計算)

・機械設計一般-応用計算に、テオヤンセン機構 の記事とExcelファイルを公開しました(7/13)。

・機械設計一般-力学計算の、矩形断面はりのねじり の記事を更新しました(7/7)。
 (中空矩形断面(閉断面)のねじり諸量の算出式を追記)

・機械設計一般-力学計算の、平板のたわみと応力の式 のExcelファイルを更新しました(7/2)。
 (グラフスケール設定改良)

 


★KABUKUのウェビナーで、オンラインセミナー「幾何公差の逆転活用法」を開催しました。(’22/7~10)→ カブク ウェビナー
 セミナーでの解説資料はこちら

★オンデマンドセミナー(ものづくり.com主催)が公開されています。
  実用活用再発見 「幾何公差の基本」 ~設計意図を正しく伝える~
  実用活用再発見 「材力事始」 ~材料力学は何に役立つ?~

コメントをお待ちしています!

 

 


 

 ●当サイト内の記事へのリンクや、資料の常識的範囲内での引用は原則自由ですが、その旨ご一報いただくようお願い致します(事前事後は問いません)。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
 本サイトの掲載記事及びプログラムは クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

 

【資料ダウンロードに関する注意事項】

 ※注意:解除コード依頼メールに、ご自身のメールアドレスを間違えて記入される方がいらっしゃいます。
  その場合、当方から連絡ができませんので、くれぐれもお間違えのないよう気をつけて下さい。

 掲載資料は多くの方にご利用いただけるよう、pdfやExcelファイルとして無償で提供しています。
 一部のサンプル用ファイルやマクロのソースコードについては、当該ページにDL用解除コードを記載していますが、その他のファイルのダウンロードリンクには個別にパスワードロック設定を行なっています。

 ▶新規にダウンロードをご希望の方
  お問合せフォーム からファイル名と利用目的を明記の上連絡をいただければ、折り返し該当ファイルの解除コードをお知らせします(なお一部の掲載資料についてはWatermarkを入れてありますが、ダウンロード用資料にはありません)。
 以前ダウンロード依頼をされた登録ユーザの方
  直接 contact@opeo.jp 宛てにメールをいただければ、該当ファイルをお送りします。

 

 今後の修正、改良の参考になりますので、使用感・要望など感想、コメントをお待ちしています。
 ダウンロードがうまくいかない場合はお問合せフォームから連絡いただければ対応いたします。

 ※解除コード入力フォームの現在の仕様のため、一度コードを受け付けても再度同じフォーム(右図)が出てきます。
  その場合はフォーム右上の×印を押してフォームを閉じて下さい。

 なおExcelは2019で作成し、一部バージョン固有の関数を用いている関係で、それ以前のバージョンでは正常動作しないものもあることを予めご了解下さい。

 ★Excelファイルでの計算結果及びその運用結果についての責には応じかねますので、あくまでもご利用者の判断にてお使い下さい。

 



 

 日刊工業新聞社「機械設計」’22.11~’23.10 の間、
 ”設計意図を正しく伝えるGD&T作法”
のタイトルで幾何公差の基礎とその活用法に関する記事を連載しました。
 ご購読いただいた方、ご質問ご指摘をいただいた方には、この場を借りてお礼を申し上げます。

掲載号表紙

【正誤情報】
 ■間違い情報をご連絡いただければ、こちらに掲載いたします。

・’22年11月号 P54図3
  誤:データムAの線が欠如している。
・’23年2月号 P73図6
  誤:「直行」
  正:「直交」
・’23年4月号 P58図9
  誤:真円度、円周振れの幾何公差からの矢印線が欠如している。
・’23年5月号 P50右段下から7行目
  誤:「図8は、図5と同じ寸法と公差を与えた、…」
  正:「図8は、図5と同じ寸法を与えた、…」
・’23年6月号 P56 図12内の軸の直径寸法の下側公差値
  誤:-0.015
  正:-0.15
・’23年9月号 P38本文右段下から3行目
  誤:「最大20.3まで」
  正:「最大20.15まで」
・’23年9月号 P39図10(b)平行度の図の右側の公差域の説明文
  誤:平面度公差域
  正:平行度公差域
・’23年9月号 P40図12の図例①の輪郭度公差域の指示位置
  誤:正しくは )0.1 の公差域数値は図例②のように公差域部分を指すべきところ、上方にずれている。
・’23年9月号 P41図13の左図
  誤:寸法20±0.2の下側の寸法補助線が欠如している。
・’23年10月号 P46図1の左図
  誤:TED10の下側の寸法補助線が欠如している。
・’23年10月号 P48右段上から7行目
  誤:また前々項で解説したデータムも、
  正:また前項で解説したデータムも、

 

MENU
PAGE TOP