OPEOのホームページへようこそ

85,006 views

 

お知らせ (’23 1/27 更新)

雑誌連載のお知らせ
 日刊工業新聞社の「機械設計」2022年11月号より、”設計意図を正しく伝えるGD&T作法” と題した連載記事が始まりました。

 GD&T(幾何公差設計法)について、設計意図の伝達の視点から、規格書からはよくわからない幾何公差活用の基本とコツを、できるだけわかりやすく解説していきます。

 2月号 第4回目のタイトルは、
  TED編「誤差のない寸法とはなにか」
です。
 TEDの意味や使い方について、解説しています。

 

2023年2月号表紙

テクニカルショウヨコハマ2023 でミニセミナーに登壇します。

 テクニカルショウヨコハマ2023
(リアル展示:2023/2/1-3、オンライン展示:2023/1/10-2/28)

 第44回工業技術見本市  -リアルに出会う。リアルに感じる。-
がパシフィコ横浜で開催されます。

 「技術士になろう!、活用しよう!」をテーマに、日本技術士会神奈川県支部も出展します。

 リアル出展では、出展ブースにて感染症防止対策の上「技術相談会」「ミニセミナー」等を実施します。

 

ミニセミナー詳細
https://www.engineer.or.jp

私の講演タイトルは、「設計者CAEへの道-それ本当に合っているのか-」です。

 

YouTube動画配信中

  オンラインミニセミナーの動画を公開しています。
   最新:2022/12/25 “断面を考える(断面特性について)”

  次回ミニセミナー(’23/1/29(日))のタイトルは、
   “Excelミニテクニック”(仮)
 です。
  無料ミニセミナーへの参加方法はこちらまで。

 

【更新情報】

・機械要素-歯車の 平歯車歯形 のExcelファイルを更新しました(1/27)。

・公差分析編-Excel応用の 公差分析ツール を更新しました(1/25)。
 (今バージョンより、シートロックは解除しました)

・機械要素-歯車の 歯形係数計算 の記事とExcelファイルを更新しました(1/24)。
 (歯数6までのグラフ表示に対応させました)

・機械設計一般-はめあいの JIS推奨はめあい公差と動的公差線図 のExcelファイルを更新しました(1/12)。

・幾何公差編-原則・定義の 動的公差線図 の記事を更新しました(1/11 更新)。

・公差分析編-応用の はめあいと公差計算 の記事とExcelファイルを更新しました(1/8)。

 

 

★KABUKUのウェビナーで、オンラインセミナー「幾何公差の逆転活用法」を開催しました。(’22/7~10)→ カブク ウェビナー
 セミナーでの解説資料はこちら

★マイベストプロ神奈川に掲載されました(’21/6/18)マイベストプロ神奈川
★マイベストプロにインタビュー記事が掲載されました(’21/9/7)→ マイベストプロ 50+

★オンデマンドセミナー(ものづくり.com主催)が公開されています
  実用活用再発見 「幾何公差の基本」 ~設計意図を正しく伝える~
  実用活用再発見 「材力事始」 ~材料力学は何に役立つ?~

コメントをお待ちしています!

 

 


機械設計技術を中心とした技術コンサルティングや設計者教育を手掛けます。
設計者のリスキリング(学び直し)、リカレント教育のお手伝いができます。

幾何公差公差分析機械工学関連技術の基礎から応用までの解説
技術計算のノウハウ、勘所を分かり易く解説
資格試験受験対策用の参考資料

機械設計、幾何公差設計法、公差分析、品質設計、構造解析等
・各種設計検討手法に関するコンサルティング

GD&T(公差分析と幾何公差設計法)による図面作成手法講座
資格試験対策講座(技術士、機械設計技術者、計算力学技術者他)

事例を交え、重点項目に的を絞った即戦力の身に付く人材育成教育/リスキリング
・難解な技術計算、理論を平易かつ的確に解説

 


 

 ●当サイト内の記事へのリンクや、資料の常識的範囲内での引用は原則自由ですが、その旨ご一報いただくようお願い致します(事前事後は問いません)。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
 本サイトの掲載記事及びプログラムは クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

 

【資料ダウンロードに関する注意事項】

 ●掲載資料は多くの方にご利用いただけるよう、pdfやExcelファイルとして無償で提供していますが、一部のサンプル用ファイルやマクロのソースコードを除き、ダウンロードリンクには個別にパスワードロック設定を行なっています。

 ダウンロードをご希望の方は、 お問合せフォーム からファイル名を明記の上連絡をいただければ、折り返し該当ファイルの解除コードをお知らせします(なお一部の掲載資料についてはWatermarkを入れてありますが、ダウンロード用資料にはありません)。

 今後の修正、改良の参考になりますので、使用感・要望など感想、コメントをお待ちしています。
 ダウンロードがうまくいかない場合はお問合せフォームから連絡いただければ対応いたします。

 ※解除コード入力フォームの現在の仕様のため、一度コードを受け付けても再度同じフォームが出てきます。
  その場合はフォーム右上の×印を押してフォームを閉じて下さい。

 なおExcelは2019で作成し、一部バージョン固有の関数を用いている関係で、それ以前のバージョンでは正常動作しないものもあることを予めご了解下さい。

 ★Excelファイルでの計算結果及びその運用結果についての責には応じかねますので、あくまでもご利用者の判断にてお使い下さい。

 

 

 


 


 

 

 

MENU
PAGE TOP