ロータリーエンジン

ロータリーエンジンのロータは三角おむすび形状で、これはルーローの三角形である、とずーっと思っていました。
が、いろいろ調べてみると違います。
正確にはエンジン本体であるくびれを持ったハウジングを形作るペリトロコイド曲線の内包絡線なるものです。
この包絡線の式を求めてみようと数日間悪戦苦闘して、なんと奇跡的に?包絡曲線を作成する手順を見つけました。
HPの記事にもしてありますが、座標変換と三角関数の公式を駆使しまくりました。(もっとスマートな方法がありそうですが、力尽きてます(^^;)
このような技術を日本の自動車メーカーが50年近く前に量産用エンジンとして確立していたのかと思うと、脱帽どころの騒ぎではありません。

1つ星 (1)
読み込み中...

前の記事

猛暑

次の記事

七夕の翌日