JIS製図規格 新旧比較表

11,782 views

 

JIS製図規格の新旧比較に関する解説です。

 JIS製図規格(B0001)は、2019年に改訂されました(2010→2019)。
 この中で、特にCADによる図面化作業に関連のある項目について、新旧比較の形でまとめてみました。

 CAD(特に3DCAD)で図面作成している時に、JIS規格で規定された通りに寸法や記号が入れられず、困った経験のある方も多いと思いますが、今回の改訂ではそのような不便も考慮してか、CADで描き易い規定が追加あるいは規定自体が緩和されています。
 参考情報として、ISOの製図規格の一つである ISO 129-1:2018 での規定も追記してあります。

 ※記事は2019年当時の3DCADによる、図面作成機能に基づいて記述しています。

 

 なお、今回の改訂内容に関して、当サイトでは客観的なコメントに留めていますが、規格書の誤記やあいまいな表現の多さから、専門家の中には否定的な見解もあることもご了解下さい。

 

★この記事に関連した動画をYouTubeで公開しています。
 OPEOミニセミナー 「JIS製図規格の新旧比較」

 


 

 


 

2021.9.3 公開 (revF)