JIS推奨はめあい公差と動的公差線図

2,903 views

 

JIS推奨はめあい公差と動的公差線図に関する解説です。

 はめあい公差は、JIS(B0401-1)で規格化されています。
 穴と軸の嵌合の場合、それぞれに適切なはめあい公差クラスを設定しますが、ここでは特にすきまばめの場合の、JIS推奨公差クラスに基づいた公差設定と動的公差線図作成を行なえる、Excelシートを紹介します。

 


 

JIS推奨はめあい公差と動的公差線図Excel

このシートでは穴基準と軸基準の各々の推奨はめあい公差と、穴、軸それぞれに幾何公差(真直度)が指示されている場合の動的公差線図を作図する機能が付いています。
最大実体公差方式(Ⓜ)を適用する場合の穴、軸上側の三角形領域が “ボーナス公差” と呼ばれる公差緩和領域です。

空色の網掛けセルで数値入力もしくはリスト選択をします(推奨公差クラスにない組合せはリスト表示されません)。
直径500mmまでの公差等級に対して計算します。

 

 

2022.12.17 更新 (revA3→revB)

※穴基準方式と軸基準方式の両方に対応しました。