等高線グラフ

 

等高線グラフは3次元空間に分布するデータを可視化するのに便利ですが、デフォルトで用意されている配色パターンは見た目はカラフルですが感覚的に違和感があります。
次の画像はある関数で表現された曲面データ(Zernike多項式近似曲面)のデフォルトでの等高線グラフです。

 

 

これをサーモカメラ画像のように、高いところは赤く低いところは青く表示されるようにしたいケースは多々あります。
例えば下の図のような配色であればデータの凹凸が認識しやすくなります。

 

 

このような配色パターンの変更は手動では非常に手間がかかるため、VBAを用いて凡例表示のカスタマイズを行ないます。
そのプログラムは比較的短いソースで記述できますので紹介します。
※ソースの原型は下記サイトに掲載されていたものです。
http://infinite-trouble.seesaa.net/article/453507450.html

 


等高線グラフの配色はデフォルトでは影のついた立体的な表示になりますが、これを平坦(フラット)に表示させたい時もあります。
例えば前出のグラフでは下図左のような表示から右のような平坦化表示にするケースです。


手動では凡例のオプション操作でもできますが少し手間のかかる作業なので、これを一括変更させるマクロを紹介します。
※ソースの原型は下記サイトに掲載されていたものです。
http://infinite-trouble.seesaa.net/article/453506932.html
また、ソース中 PresetMaterialに設定する値については下記MSのサイトの記事も参考にしました。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/microsoft.office.core.msopresetmaterial?view=office-pia


 

上記紹介のマクロのソースファイル(.bas)です。
Excelのマクロファイル(.xlsm)にインポートして使用して下さい。

 

2021.4.19公開 (revB)