分散と標準偏差

1,200 views

 

分散と標準偏差はばらつきの程度(度合い)を数値表現したものです。

ばらつきが正規分布に従うと仮定できる場合、分散や標準偏差を用いて様々な統計分析が行えるようになります。
これらには母集団に対するものと標本に対するものがあり、それぞれ定義式や記号が異なります。
また標本自体のばらつき指標である標本分散と母集団を推定するための不偏分散は言葉だけでは分かり難い部分もあるため、それらの違いがわかるような図例も入れてあります。

 


 


 

キーワード
バラつき,平均値,分散,母数,サンプリング,独立,ランダム,不偏標準偏差,標本標準偏差,σ