公差計算においてサイズ公差指示の場合と幾何公差指示の場合でどのような差異があるかをまとめたものです。
通常行なう公差計算ではいわゆる暗黙の平行移動が前提となりますが、それを明示的に示すと共に面の傾きの影響を論理的に切り離すことを可能にするのが幾何公差指示であるとも言えます。
ここでは面の傾きを考慮しない場合の公差計算の考え方について解説しています。


キーワード
単純加算,二乗和平方根,LS,RSS,データム面,平面度,平行度,輪郭度,傾き,形状偏差,姿勢偏差