■正規分布を表す確率密度関数とその導関数の関係に関するものです
標準偏差σ=1の位置は確率密度関数の変曲点であることがわかります。

キーワード
標準正規分布,ガウス積分,極値