工程能力指数

2,148 views

工程能力指数(Cp値)は品質基準を満足した製品を生産できる能力のことで、JIS Z8101-2で規定されています。
通常生産においてはこの値が1以上となるように生産プロセスを管理することが目標ですが、2を超えるような生産工程では品質に過剰な部分はないかなどの見直しが必要となる場合もあります。

なお、Cp=1は設定公差域が設計規格値に対し±3σの範囲に設定されていることと同じ意味となります。

 


キーワード
Z8101,規格幅,参照区間,平均値,6σ,3σ,4σ,Cp,Cpk,偏り,最小工程能力指数,不良率,不適合品率