クリアランスを含めた公差計算

2,535 views

クリアランスを含めた公差計算は実際の設計においても配慮すべき項目の一つです。
一般的には幾何学的関係を元にした計算を行ないますが、ここではクリアランス(設計上設けたガタ量)による変位を回転変換を使って求める方法(座標オフセット法)を紹介します。
この方法によれば複数の部品によるギャップ(ガタ)の累積量を機械的に算出することが可能です。

また逆に許容変位量を満たすクリアランスを算出する方法も説明します。