要因数(部品点数)が増えると累積誤差は必ず増加します。
そのため設計的には部品点数削減はコストダウンはもちろん製品品質向上のための重要な手段となります。
誤差(ばらつき)計算にはいくつか方法があり、ここではそれらの方法の違いが累積誤差計算結果にどのような差異をもたらすかを解説しています。

最後に本文内のグラフを生成するExcelシートを添付します。

 

2021.4.12更新 (revA→revB)


キーワード
累積誤差,単純加算,二乗和平方根,モンテカルロ,一様分布,正規分布,LS,RSS,過剰評価,過小評価