形体定義と幾何公差指示

2,616 views

 

形体定義と幾何公差指示の関係についての解説です。

 幾何公差指示の目的は、形体定義のあいまいさの排除にありますが、これに則って厳密に幾何公差を図面適用していくと、本来設計的に重要ではない箇所に対して過大な精度・品質を要求する結果となりかねません。
 なぜなら、幾何公差で指示するということは、その箇所を測定によって確認し、管理するよう要求していることと同じだからです。

 少し極端な例を使って、幾何公差指示の本質的な使い方について説明しています。

 



 


 

キーワード
形体定義,位置偏差,TED