自由曲面への輪郭度指示

2,728 views

 

輪郭度の使用例に関する解説です。

 デザイン(意匠)面の3DCADデータからの許容誤差を指示する方法として、輪郭度の利用があります。

 JIS等の規格書の図例では、TEDと必ず対になった使い方が殆どですが、3Dデータは図示されない理想寸法つまりTEDそのものであるという理屈の元に、簡素化表現法を示したものです。
 なお、ISO(1101:2017)にはTEF(Theoretically Exact Feature)という用語がありますが、これは正にCADデータに基づく「理論的に正確な形体」を指します。

 


 



 

キーワード
JIS B0027,自由曲面,輪郭度,TED,ASME,非接触CMM,デジタイザー