普通幾何公差の考え方

4,206 views

 

普通幾何公差に関する解説です。

 普通幾何公差は、図面上特に指示のない箇所に暗黙の幾何公差指示を与える方法で、JIS B0419で規定されています。
 この規格を適用するには、図面表題欄の中または近辺に、公差等級と共に規格番号を記載します。
  例) JIS B0419-K

 設計者にとっては、作図上の手間が省け便利と言えますが、この規格の運用に当たっては、事前に加工メーカーとの加工精度や実力管理に関する取り決めを行うことが重要です。

 


 


 

キーワード
JIS B0419,JIS B0405,公差等級,公差表,除去加工