形状偏差とサイズ公差の関係

962 views

形状偏差とサイズ公差の相互関係に関する考察の資料です。
一般に幾何公差とサイズ公差は独立の原則により相互に独立して仕様を満たしますが、形状偏差とサイズ公差には特別な条件下では相互関係が存在します。
この「特別な条件」とは、サイズ測定の基準となる面や軸にねじれや曲がりがないことです。
そのような形体は現実にはありませんが、実用的には無視できる場合は多々あります。
ここではその限定された条件下での相互関係について解説しています。