動的公差線図

1,031 views

動的公差線図は最大実体公差方式(MMR)の適用による公差域拡大の概念を視覚的に説明できる図としてJIS B0023でも紹介されています。
MMRはすきまばめの場合のはめあい公差方式に適用されますが、設定した公差クラスに対応した幾何公差値を動的公差線図を使って検討するためのツールを公開していますので、そちらも参照してください。(→こちら)


キーワード
最大実体サイズ,最小実体サイズ,MMS,LMS,B0023,B0401,はめあい公差,公差クラス,すきまばめ,MMVS,クリアランス