■研修受講者アンケートより抜粋したものです。

確認テストを交えながらだったのが、理解を確認するのに良かったと思います。
メリハリがあったので、最後まで集中して聞くことができました。周りにも奨めたいです。

幾何公差についてはきちんと勉強したことがなかったので、とても良い機会になりました。
幾何公差は寸法の指示のサポート程度に使用するものという認識でいたが、この研修を通して思っていた以上に色々な意図を伝えることができる手段だということが分かりました。

資料の内容だけではなく、講師自身の経験からくる知識や注意点を教えていただけて、実際に製図する際に気を付ける点が確認できて良かったです。

幾何公差について全く知らなかったため、序盤は把握するのに精いっぱいだったが、進めていくにつれ、例題を大量にこなしたこともあり、おかげで概念がうまくつかめたのか、後半は完全な理解ができ非常に楽しく研修をおこなうことができました。

問題形式で進めて頂いたので、分からない点が明確になり、目的をもって講義を拝聴することができました。
メカ設計として必須の内容であると思うので、学んだ内容の復習を怠らずに、業務で活用していきたいと思います。

設計者は一度受けた方が良いのではないかと思いました。
幾何公差や図面のルールはわかっているようでわかってない所が多かったです。
すぐ実践で使える内容も多くためになる研修でした。

ここ数年で受けた技術研修の中でもとても分かりやすく、重要な知識が得られました。
おそらくテキストだけだと、しっかり理解するのは難しいので、講師の説明があったことで理解ができ、内容も充実していてよかったです。